ブログの引越をしました。これからも楽しいお酒を飲んでいきます。よろしくお願いします。新しいアドレスはこちらです。↓↓↓
新しい【ぼっち酒の日々と肴】へ移動

奥-夏かすみ吟醸-夢山水五割五分

【蔵元のコメント】
奥三河で契約栽培した高品質の酒米「夢山水」を全量使用した吟醸酒。春先に絞ったばかりの生酒を少しにごらせ、荒々しさを和らげ、まろやかに仕上げました。さわやかな香りとのどごしで、やや辛口の本生酒です。

頂いた時にはすでに4分の3無くなっていたので、どうかと思いましたが、やはり「シュワシュワァー」でした。うすにごりで微発砲酒。にごってはいるが雑味は一切無し!綺麗な甘味と旨味があり、透明感があってすぅーっと入って来る。まさしく「ソーダ水」である。「夏酒」である。もちろん「にごり」の芳醇な味わいも楽しめ、酸のキレで最後は引き締めてくれます。

↑これはなんと読むのだろう?「そんのうくらもと」と読むようです。会社創設時に商標として「尊王」を使用。その「尊王」の連合商標として「尊皇」を使用。が始まりのようですね。意味を調べると王室や皇室を尊び、天皇を国政の中心と考えること。←とのこと。

醸造元/山﨑 合名会社
精米歩合/55%
使用米/愛知県産 夢山水100%
アルコール度数/16度
日本酒度/+1.0
酸度/1.8

商品名/奥 夏かすみ吟醸 夢山水五割五分

◆しそとうもろこし

一見、ゆでたトウモロコシにバジルが振りかけてあるように見えますが、(それはそれで美味しそうー♪)しそを刻んでレンジでチンするとぱりぱりに乾燥してふりかけ状態になるそうな。それを頂くと絶妙な旨味となります。きちんとコーンの甘みを味わいながら、さっぱりしそ感も味わえ、面白い味が楽しめます。

*ところで「しそ」「大葉」の違いって知ってましたか?てっきり同じものだと思っていたのですが、実は…同じものだそうです。その葉を野菜として捉えているか植物として捉えているかによって呼び名が変わるそうです。でもって、「大葉」は一般的に青じそを葉の形状のまま香味野菜として使用する場合に使われる呼称で、植物として青じその葉を指す時は「大葉」とは呼ばないそうな。つまり「しそ」はシソ科シソ属の植物の総称のことです。なぜ、そんなことになったのかというと、青じそが世の中に流通し始めた頃(1961年頃)、静岡県で青じその葉を束ねて大阪の市場に出荷したのが始まりだそうな。この時、販売するために考えられた商品名が「大葉」。その後、豊橋でも大葉という名前で出荷を始め、売れ行きが良かったことから、東京市場にも出荷されるようになりました。こうして青じそは「大葉」という商品名で世の中に浸透して行ったそうな。

◆はらみたれ焼き

だったと思う。はらみの肉汁がジュ、ジュワー!めっちゃ美味しかった!←なんか小学生のような文章(^_^;)

1年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です